スーツに似合うめがね

スーツに似合うメガネと言われているのは、シャープな印象を与える「銀ブチメガネ」や「黒ブチメガネ」でしょうか。
メガネをかけている人はなんとなく頭が良さそうで、仕事のできるイメージがあります。
フレームの形でいえば、「スクエア」や「バリ」などのやや角ばったものが知的に見えそうです。
また、「オート」や「セミオート」も海外のセレブ達がかけていたりして、高級感がありそうです。
ただ、スーツをバリッと着こなし、おしゃれなメガネをかけてキメるのはいいですが、中身が伴わないとガッカリされます。
ビジネスマナーや話し方など、内側から教養があふれ出ていることが大切です。
これで英語が流暢に話せたりすれば、どこに行っても恥ずかしくなさそうです。