10万借りたいときにどうするのがいいのか考えてみた

一般的に消費者金融プロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融プロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがプロミスのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融プロミスは銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてプロミスのカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいプロミスのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

消費者金融プロミスの方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のプロミスのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

プロミスのカードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

引用元:プロミス借りたらどうだった?【10万借りた口コミ】

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でプロミスの借りやすいキャッシングサービスも行っています。

これに対して消費者金融プロミスとは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規プロミスのカードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。